人事管理システム「Zoho ピープル」に迫る!

こんにちは、インターンシップ生の櫻井です。
私はZoho事業部というところで日々活動させていただいています。
このブログでは私の関わっているシステムについて調査結果を報告していきます。

人事管理システムって本当に必要なの?

私のインターンシップは「人事っていったい何をしているんだ?人事管理って何だろう?」というところから始まりました。

人事の方のお仕事を調べていくと・・・従業員情報管理、給与計算、人材配置、採用、経費管理・・・
多くの情報を管理していることがわかりました。

そこで「いったいどうやって管理しているのか」を調査していくと・・・

 

  • 給与計算→Excel
  • 従業員情報→Excel
  • 勤怠管理→Excel
  • 経費→Excel

 

人事の方はExcelの使い手だということがわかってきました。

「あれ?現状で管理できてるし人事管理システムって必要なのかな?」という疑問が生まれます。
そこで現状の課題に関して調査してみました!

すると「集計作業に時間がかかりすぎる」「人と情報の紐づけが大変」「リアルタイムの情報がわからない」「情報がばらばらになってしまう」などエクセル管理では対応しきれない問題があげられました。

つまり
「一か所で人に関する情報が全部見れて集計もしてくれるもの」
があればこれらの問題を解決してくれるというわけですね。

 

それこそが人事管理システムです。

このようなシステムに移行することでコアな仕事をする時間が増え、企業の成長の手助けになるのではないでしょうか。

 

Zoho ピープルという人事管理システム

人事管理システムといって様々なものがあります。今回はZohoシリーズの人事管理システムである「Zoho ピープル」を紹介します。

 

主な人事管理システムというと「勤怠管理」「タレントマネジメント」のシステムをかけ合わせて利用する必要があります。

Zoho ピープルなら一つのシステムでほとんどの業務を補うことができます。

 

また、「工数管理」「目標管理」「評価」「タスク管理」などの機能も含んでており、

管理者が従業員の状況をみたり、従業員が自分の仕事の効率など指標として見ることも可能です。

 

機能がありすぎる」と感じた方・・・私も思います。

ですので、これから少しづつZoho ピープルの機能について説明していきます。

 

興味のある方はこちら↓

クラウド型人事管理システム「Zoho ピープル」

PAGE TOP