採用管理システム選定の3つのポイント

採用管理システム選定の3つのポイント

(読了2分)

 

企業や採用担当者によってニーズは異なるものの、採用管理システムの選定に共通して役立つ、3つのポイントがあります。1.効果性、2.効率性、3.使いやすさです。

 

採用担当者は三重苦に直面しています。山積みの履歴書、ぎっしり詰まった面接予定、そして常に他社との競争というプレッシャーにさらされています。このような環境では、採用管理システムの導入は業務を効率化できるだけでなく、採用業務の品質も担保できるものを選ぶ必要があります。

 

自社のニーズに合う最適な採用管理システム(ATS:Applicant Tracking System)の選定には、どんな採用担当者も頭を悩ませています。あるシステムは機能が多過ぎて難しかったり、またあるシステムは使いやすいのに重要な機能がなかったりなどで、次々に乗り換えたくなってしまうかもしれません。

 

コツは、バランスの良い採用管理システムを選ぶことです。

 

1.その採用管理システム(ATS)は、効果的ですか?

効果的な採用システム(ATS)を使えば、必要な時に最適な候補者情報を獲得できます。最も関連性の高い求人サービスに求人情報を公開し、質の高い職務明細を出すことでより最適な人材にアプローチできるためです。複数の求人サービスと連携する採用管理システム(ATS)であれば、より広い範囲で採用活動ができ、良い人材を逃しません。

 

さらに、ソーシャル・リクルーティング(SNSを利用した採用活動)機能を備えた採用管理システム(ATS)なら、最適な人材とのすばやい関係性構築を実現できます。企業のSNSプロフィールを活用して採用候補者との交流を促進するため、さらに効果的です。

 

2.その採用管理システム(ATS)は、効率的ですか?

効率的な採用管理システム(ATS)の機能により、採用担当者がさまざまな業務を効率的にこなせるようになります。混乱した採用プロセスを効率化できます。

 

複数回の審査や面接を経て、最終候補者がゼロになってしまうことを想像してみてください。まさに採用通知を出そうとした時点でその最終候補者が入社を望んでいないことがわかったら? 採用管理システム(ATS)でこのような最悪の事態を回避できます。事前アセスメント機能により、候補者に応募時に極めて重要な質問に回答してもらうことで、その適正を判断することができます。 事前にしっかりと計画を立てることで、採用プロセスを効率的に進められます。

 

3.その採用管理システム(ATS)は、使いやすいですか?

デザイン性の低い採用管理システム(ATS)では、時間を省くどころか、無駄に時間や手間がかかってしまいますよね。面接の予定を登録したり、データベースに履歴書を追加したり、候補者のステータスを更新したりなど、日常的な繰り返しの作業を行うのに、たくさんの操作が必要だとしたら、採用管理システム(ATS)は何の役にも立ちません。使いやすいシステムなら、数回のクリックで定形作業を行えます。あるいは、いっそのこと、自動化することも可能です。

 

 

これらの3つのポイントは、同一の基本的な考え方を異なる3つの視点で捉えたものです。それは、採用担当者にとって貴重な時間を採用管理システム(ATS)によって最大限活用できるようになることです。使いやすいシステムなら時間を節約でき、効果的な採用戦略を考える時間を確保することで、効果的な人材検索やより良い人材採用を実現できます。

 

採用管理システムの選定時には、3つのポイント(効果性・効率性・使いやすさ)に注目してみてください。

 

 

いかがでしたか?

 

採用・求人情報を一元管理し、採用プロセスを効率化する「Zoho Recruit」も、3つのポイントで検討してみませんか?

 

 


クラウド型 採用管理システム「Zoho Recruit(ゾーホー・リクルート)」のお試しはこちらから

 

 

※本投稿は、グローバル本社(Zoho Corporation)の Zoho Blogs の記事を翻訳・加筆したものです。元の記事(2017年7月19日)はこちら

 

PAGE TOP