採用担当者のみなさん、就職活動の時代は終わりました

採用担当者のみなさん、就職活動の時代は終わりました

(読了2分)

 

求職者や候補者は、今や採用担当者の引く手あまたです。だからこそ、積極的な人材スカウトやつながりを重視した採用活動が重要です。

 

採用競争はこれまでにないほど激しくなっており、採用担当者にとって候補者の適材適所が非常に困難です。効果的な人材調達だけではもう十分ではありません。最近では、候補者が一度に複数のオファーを受けることは一般的になっています。候補者が自社から離れないようにしたいのなら、一層の努力が必要であり、もっと真剣に面接プロセスに取り組まなければなりません。新規人材の受け入れから定着までのプロセスが必要になるためです。候補者の時間を大切にすれば、おのずと候補者たちもあなたの会社に価値を認めるようになるでしょう。

 

1. コミュニケーションが一番大事

候補者とクライアントの関係性作りに重要なのは、適切なコミュニケーション手法です。効果的な業務フローを組めば、スケジュールの無駄をなくし、新しい戦略の検討に時間を使えるようになるでしょう。プロセスを構築し、周期的な業務を誘導できます。自動化によって、独自のメッセージでメールチーム内のリマインダーを送付したり、候補者やクライアントの情報を更新したり、面接入力のタスクを割り当てたりなどの定形業務も効率化できます。チーム共通のプラットフォーム上であらゆる情報交換が可能です。

 

 

2. ソーシャルタブを定期的にチェック

ソーシャルタブで、すばやくSNS上でのアクティビティや自社ブランドの見え方の概況を確認できます。良い人材が自社アカウントをフォローしているかを確認し、自社の求人情報を応募フォームを含めて定期的に投稿することで、候補者が簡単に求人に応募できるようにします。

 

 

3. 候補者が使いやすい採用ページ

活気があって若者に親しみやすい採用ページで、募集要綱とステータス付きで応募済みの求人リストを表示できる候補者のポータル機能を備えていれば、 候補者は広い視野で次のアクションに進みやすくなります。そして、候補者には自社の魅力がよりよく伝わる面接体験を提供しましょう。面接プロセスを通して、候補者が離れていくことも、最終的に辞退されることもなくなるでしょう。

 

 

4. データをすぐに入手できるレポート

採用担当者は、同時に営業責任者でもあります。人脈づくりは日々の業務において重要な要素です。出先で急に打ち合わせになることもあるでしょう。タブごとの日々のレポートを生成するBIレポートツールで、いつでもどこでも最新のデータにアクセスできるようにしておきましょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

現状の採用プロセスをもっと改良できそうですか?
いますぐ Zoho Recruit にアカウント登録して、候補者とのよりよい関係構築を始めませんか?

 

 


クラウド型 採用管理システム「Zoho Recruit(ゾーホー・リクルート)」のお試しはこちらから

 

 

※本投稿は、グローバル本社(Zoho Corporation)の Zoho Blogs の記事を翻訳・加筆したものです。元の記事(2018年2月9日)はこちら

 

PAGE TOP