2017年9月Zoho CRMアップデート情報 ( 4 )

2017年9月にZoho CRMで追加された大きな変更・最新の機能をご紹介する本連載。
第4回目にご紹介するのは「キャンペーンの費用対売り上げ表示」です。

 

  1. 複数選択ルックアップ項目:多対多のルックアップ項目を追加 
  2. 複数条件ワークフロー:1件のワークフロールールに複数の実行条件と処理を関連付け可能に 
  3. 画面の刷新:設定画面の再編成・インポート&他のCRMからの移行メニューの集約 
  4. 施策による売り上げを可視化:キャンペーンの費用対売り上げ表示 ←現在この記事

アップデート機能紹介 第4回「キャンペーンの費用対売り上げ表示」

Zoho CRMに存在する「キャンペーン」タブは施策を管理するタブです。

施策によって獲得した見込み客から、施策に紐づく売り上げを管理し、顧客の入り口からゴールまでを一気通貫で管理・データの集計ができるのがZoho CRMです。

 

そのキャンペーンタブで、費用対売り上げの表示が刷新されましたのでご紹介いたします!

Zoho CRMのキャンペーンタブに存在するキャンペーンデータをクリックします。

するとデータの詳細画面上部にキャンペーンで獲得した(あるいは参加した)見込み客・連絡先の合計数と実際の費用、キャンペーンに関連する売上と進行中の商談の総額が表示されます。

 

金額の項目の詳細は以下の通りです

 

実際の費用:キャンペーンタブの「実際の費用」の項目に入力された金額を表示します。

売上:キャンペーンデータに直接的・間接的に関連づけられている商談のうち、「受注」のもの合計金額を表示します。

進行中:キャンペーンデータに直接的・間接的に関連づけられている商談のうち、「未完了」のもの合計金額を表示します。

 

※直接的とは、商談の「キャンペーンのデータ元」に該当のキャンペーンが関連づけられている場合を指し、間接的とは、直接関連づいているのはキャンペーン-連絡先、連絡先-商談で、連絡先データを介してキャンペーンと商談の関連性がある場合を指します。

 

さて、ここまででは表示方法が変更されただけになりますが、これで終わらないのがZoho CRMのアップデートです。

進行中の横の i マークをクリックしますと次のメッセージが表示されます。

 

このレポートでは、このキャンペーンから発生した商談や、キャンペーンの連絡先と関連する商談が表示されます。
連絡先と関連のある商談は除外しています。

 

ここを実際の機能で言い換えますと

商談タブの項目「キャンペーンのデータ元」で、このキャンペーンデータに直接関連づけられている商談以外に、キャンペーンの参加者の連絡先に関連づけられた商談も計算に含んでいます。
キャンペーンと直接紐づいている商談の金額だけ表示しますか?

という感じです。クリックしてみましょう。

 

このように、参加者の連絡先にだけ関連づけられた商談は除外され、キャンペーンに直接関連づいている商談の金額のみが表示されます。

 

実際にデータを確認しても……

 

キャンペーンに直接関連づいている商談

 

キャンペーン – 連絡先 – 商談 というように連絡先を介して関連づいている商談

その1:受注しているので「売上」に計算されています。

 

その2:受注前の商談なので「進行中」に計算されています。

それぞれの合計金額が対応する項目に計上されています。
もちろん金額の表示方法は、同じ手順で元に戻すことも可能ですよ。

 

売上の高い施策により注力したり、費用に対して売上が奮っていない施策を見直したり…

顧客管理・案件管理だけでなく、これを機に施策の管理、費用対効果の可視化、してみませんか?

 

対応プラン:全てのプラン


さて、アップデート機能紹介 第4回「キャンペーンの費用対売り上げ表示」いかがでしたでしょうか?

本日ご紹介したアップデートを含め、9月に追加された内容を新機能講座として10月11日にオンラインで解説します。ぜひご参加ください!
→Zoho CRM活用講座 新機能編はこちら

 

それでは、また次のアップデートでお会いしましょう!


☆記事を書いた人☆
ゾーホージャパン Zoho事業部 技術 鈴さや
入社3年目の若手社員。出身は青森県 弘前市。

自称「新UIお姉さん」改め「新機能お姉さん」として
新しく追加された機能をご紹介していきます。

 

PAGE TOP